前回からの変更点

日記・雑記
日記・雑記
Sponsored Link

前回のSFW-HDに対する使用感想のコメントが辛口コメントとなりましたが1ユーザーとして忖度無く真剣にSFW-HDと向き合った上での感想です。消費者からすれば一か八かの買い物です。検討されている方にとって良い参考となれば幸いと思います。

それでは今回の本題です。

前回の投稿で、天井部にパネルを貼った際良い結果が得られなかったコメントをさせていただきましたが、実は天井の中央部には試しておりませんでした。

というのも私の部屋の天井の中央部にはくぼみがあり、パネルの貼り付けを避けざるを得ない状況と考えていました。

ですが、genmiさんのお部屋を拝見しまして、両サイドに1つづつという考えが浮かびました。早速窓用の8枚貼りパネルを2つに切り分け中央を避けた両サイドに貼り付けてみました。

因みにスピーカー上部での貼り付けは音が変化し過ぎてバランスが崩れ気味になったので却下、リスニングポジションの上部では頭の上が不自然な開放感となり無い方が良い判断をしました。

そして今回中央部にレアルシルトを貼った際の変化ですが、上部に程よい開放感となり、部屋全体に自然な音の広がりを得る事が出来大変満足いく結果となりました♪

以上が前回からの改善点となります。

そして、私が多用していますレアルシルトですが、カーオーディオ用で通常見えない所に貼るもので、素の状態ですと見た目が微妙な形状です。とはいえ音の変化としては色付けをせず響きを自然な感じに整えてくれて抜けの良い音となります。

いくらか高域寄りになりますがその辺のバランスを整えるのは難しいものでは無いと思います。

私は落ち着いた時にでも、見た目を落ち着かせるのにパネルにリーフ柄のレースカーテンでも巻いてみようか検討中ですꉂ(ˊᗜˋ*)

レアルシルトを貼り付けている素材ですが「ザ・スリム」という厚さ10mmの凝縮タイプの発砲スチロールです。通常の発砲スチロールと違い強度があり音の影響も凝縮している分それ程高音よりになりません。

天井コーナーに設置している三角パネルですが、こちらの裏には三角の吸音パネルに貼り付けています。

環境や求める方向性にもよりますが、私としてはオススメ出来る素材です。見栄えの面で工夫は必要になるかもしれませんが、簡単に作れる上に効果の違いも感じられると思いますので、ご興味がある方は試してみては如何でしょう。

コメント ※編集/削除は管理者のみ

タイトルとURLをコピーしました