新規会員登録手順に不足があると承認できませんのでご注意ください①新規会員登録、②公式アカウントフォロー、③DMによる本人確認、④承認

AVアンプをDSプレーヤーとして使う!⑤~FLACの再生とタグの管理について~

日記・雑記
日記・雑記
Sponsored Link

FLACの再生とタグの管理について

この雑記の④でAVアンプ(AVP-A1HD)でFLACを再生する際に、サーバー側の見直しが必要というところまで書きました。

AVアンプをDSプレーヤーとして使う!④~実際の環境と動作について~
iPod touchによるDLNA環境ようやく軌道に乗ってくれた、iPod touchによるDLNA環境の運用ですが、こ...

AVアンプ(AVP-A1HD)をDLNAを使って再生する際、元のデータは主にCDからリッピングすることになります。リッピングについては以前の日記で書いたとおり、Pioneerのドライブでリッピングしています。

リッピングしたままのデータ(WAV)は一応非圧縮なデータとなるので、そのまま聞くのが一番良いのですが、タグを埋め込む事が出来ないので、曲情報やアルバムアート(ジャケット)の管理をするのには適していません。

タグの管理が行えるロスレスコーデックにはいくつかありますが、汎用性や自由度を考えると、LINN DSシリーズなどでも対応フォーマットとして採用されているフリーコーデックの「FLAC」で管理したいと思っています。

AVP-A1HDのDLNAによるFLAC再生に、追加で必要になるのは2つです。

  • CDからタグ情報が入力されたFLACファイルを作る
  • FLACをトランスコードせずに、タグ情報と一緒に配信できるサーバー

FLACの作成について

CDからタグ付きのFLACデータを作る手順については、いろんなサイトに紹介されていると思いますので、詳しいことは省略しますが、簡単に書くと手順は以下のとおりです。

  1. CDをリッピングしてWAVデータを取り出す
  2. リッピングしたWAVデータをFLACに変換
  3. 変換したFLACに、タグ編集ソフトを使い、CDDBやAmazonのデータベースからデータを引用して、アーティスト名や、アルバム名、曲名などに加えて、ジャケット写真などをアルバムアートに登録※出来るだけ統一して正確に入れないと、あとで困ります。
  4. タグに情報を入力したFLACを、サーバーのフォルダにコピー

これでおしまいです。時間は掛かりますが、慣れれば簡単な作業です。リッピングにはEAC(Exact Audio Copy)が有名ですよね。編集ソフトはたくさんありますが、わたしはMonkeyMediaを使っています。

FLAC配信用のサーバーについて

問題は「FLACをトランスコードせずに、タグ情報と一緒に配信できるサーバー」です。FLACのタグの読み込みと、変換せずに配信できるものに「TwonkyMedia(有料)」というメディアサーバーソフトがあります。TwonkyMediaをPCにインストールすればいいのですが、あまり時間に余裕がなく手間を掛けたくなかったので、今回はTwonkyMediaを搭載したNASを導入してみることにしました。

導入したNASは「Buffalo LS-CH1.5TL」です。

LINN DSシリーズでも公式に推奨されている機種ですね。大きさはルータくらいで、特に気になりません。動作音は、HDDやFANの回転音とケースの共振音はしますが、比較的静かなので、スクリーン裏に置けばほとんど聞こえなくなります。(あとで振動対策をする予定。)ちなみに振動による影響を考えると、SSD搭載型のNASも良かったのですが、TwonkyMediaが搭載されていないようなので却下しました。

基本的な設定は、すべてWEBブラウザからセットアップしますがLANケーブルでルータ(もしくはハブ)と繋いで電源を入れて、専用のユーティリティを使うとすぐにWEBブラウザからアクセスできます。

デフォルトの設定でよければ、説明書どおりにチョット操作するだけで、メディアライブラリを構築してDLNAサーバーとして動き出します。(説明書どおりやれば5~10分で設定は終わります。)

CDからリッピングして作ったFLACデータを、この「Buffalo LS-CH1.5TL」に保存して、メディアライブラリの設定から、ライブラリを更新します。これでNASの設定&準備はおしまいです。

再生と音質について

あとは以前④で書いた手順の通りPlugPlayerを起動して、
メディアサーバー ⇒ NAS(Buffalo LS-CH1.5TL)
再生機器(レンダラー) ⇒ AVアンプ(AVP-A1HD)
をタップして、選曲してやれば再生されます。

再生した曲にちゃんと情報が入っていれば、アルバムアートも曲名、アーティスト名、アルバム名なども綺麗に表示されます。※ちゃんと入っていないと、「※不明」となります。

一応、この時点での動作環境を書いておきます。

動作環境

動作環境は以下の通りです。

  1. サーバーには「Buffalo LS-CH1.5TL」※TwonkyMediaが稼動
  2. クライアントにはAVプリアンプ「DENON AVP-A1HD」
  3. コントロールアプリは「PlugPlayer(Ver.3.1.3)」※NasAuもOK!

音質については、ファーストインプレッションでは、NASから再生はPCやUSB接続のの場合とあまり変わらない印象でしたが、NASを横置きにして上面に制振シール(fo.Q)を貼り、fo.Qのインシュレータとでサンドしてやると、断然NASから再生する方が良くなりました。私の環境では、音の位置が高くなり、特に前後方向への空間の広がりがグッとよくなりましたね。

懸念だった「プチッ、プチッ」ノイズですが、これもなぜか解決しました。サーバーPC(PMS)経由で再生していたときには、曲の切れ目に時々「プチッ、プチッ」っとノイズが入る事がありましたが、NAS経由のFLAC再生ではなくなりました!

詳しい切り分けはしていませんが、サーバー側のパソコンか、ソフトの問題かなぁと推測しています。

おしまいに…

他にも、LANケーブルのさらなる短縮化など改善したいところは残りますが、これでひとまず作りたかったモノが一応形になったので、この「AVアンプをDSプレーヤーとして使う!」もおしまいです。
これで満足できないなら、もうLINN DSシリーズを買うしかない!(笑

AVアンプ(特にDENON製の)をお使いの皆様のお役に立てると幸いです。
稚拙な文章でしたが、読んでいただけた皆様、ありがとうございました。m(_ _)m

コメント ※編集/削除は管理者のみ

タイトルとURLをコピーしました