侮りがたし?自然の力。。。。

日記・雑記
日記・雑記
Sponsored Link

ここ最近、なんか左右のフォーカスが合っていない感じがしたので、久しぶりにスピーカーの位置と角度、仰角を計測してみました。

計測すると、左のスピーカーが前側が8mm、後ろ側が12.5mmセンターに寄っていました。

多分、先日の能登地震の影響と思われます。

右のスピーカーに比べると、0.6°程度、内振り角度が違います。

 

右スピーカーは、以前計測した位置と変わっていませんでしたが、仰角が0.8°程上を向いていました。

画像はレーザー調整後です↓

 

私のオーディオ部屋は、土台(基礎)が800㎜厚の土間コンクリート打設で、その上に20ftコンテナを2棟連結しています。

なので多分、仰角が上を向いたのは地震の影響ではないと思います。

木材を使用した新築住宅では、床下の大引や根太が経年で吸湿、乾燥を繰り返し、微妙に変形する事があります。

その上にフローリング等を貼るのが一般的なので、これらが理由と思われます。

フローリング貼り↓

私の場合はコンテナが骨組みで、大引は木材ではなくH型SS鋼材なので、800㎜厚土間コンも相まって、まず曲がる事は無いでしょう。

という事は、その上の根太とフローリングの吸湿変形という事になります。

地震もさながら、定期的にスピーカーの位置や角度、仰角を計測した方が良いとつくづく思いました。

コメント ※編集/削除は管理者のみ

タイトルとURLをコピーしました