リスニング・チェアーの嵩上げ台座、作り直し

日記・雑記
日記・雑記
Sponsored Link

SPF角材で作成したリスニングチェアーの嵩上げ台座ですが、倉庫内にあった廃品利用でお試しに適当に作成しました。

作ってみたら、音質もさることながら、収納とリモコン置き場が便利だったので、作ったSPF角材の台座を塗装して仕上げようとしましたが、塗装は打ちキズがあると色が剥げてみすぼらしくなるので、この際、銘木で本格的に作ろうと考えました。

 

恒例の木材カット業者に見積もりを取りました。

色の塗装をしなくても良いように、ブラックウォールナット無垢で作りますが、図面の構造で4万円くらい。

板の好みでいうと、赤褐色に発色する「ブラックチェリー」も捨てがたく、「ブラックウォールナット」とコストもほとんど同じですが、チェアーの色にはブラックウォールナットの方が合う気がします。

木材加工業者にはカットだけお願いして、ピン角のトリム(R面)作業とウレタンを吹くのはDIYでします。

 

 

 

コメント ※編集/削除は管理者のみ

タイトルとURLをコピーしました