新規会員登録手順に不足があると承認できませんのでご注意ください①新規会員登録、②公式アカウントフォロー、③DMによる本人確認、④承認

マグノリア・黒川 侑&北村 朋幹サロンコンサート

日記・雑記
日記・雑記
Sponsored Link

梅雨明けして、連日猛暑日の続く3連休の土曜日の午後、阪急宝塚線の池田駅を降りて五月山方面に歩くと、逸翁美術館が見えてきた。
ブログの方もご覧ください。

逸翁美術館は、阪急電鉄をはじめ、阪急百貨店、東宝などの阪急東宝グループを創業した小林一三翁の雅号「逸翁」を冠して館名とし、旧邸「雅俗山荘」をそのまま展示の場として、1957年10月に開館した。
宝塚歌劇の創設と、演劇、映画における芸術活動など、実業界にありながら文化活動にも熱心だった小林一三翁
の遺志を継ぎ、阪急文化財団がサロンコンサートを開けるマグノリアホールを開業した。

今日は、今年13回目のコンサート、大阪府池田市にある財団法人 阪急文化財団が管理運営する逸翁美術館に併設された108席のマグノリアホールで開催されたマグノリア・黒川 侑&北村 朋幹サロンコンサート。

出演は、黒川侑:ヴァイオリン(2006年第75回日本音楽コンクール第1位)に、北村朋幹:ピアノ(東京芸術大2年2005年第3回東京音楽コンクール ピアノ部門第1位)という、新進気鋭の若手演奏家2人によるコンサートだ。

演奏曲目は、まず2人によるベートヴェン:ヴァイオリンソナタ第6番イ長調作品30‐1。
2曲目は北村朋幹氏のピアノソロで、シベリウス:ソナチネ第2番ホ長調作品67‐2。
3曲目は、現代音楽で山中惇史:断続。
続いて、フォーレ:子守唄作品16にクライスラー:愛の哀しみ、ウィーン奇想曲、愛の喜び。

座席数120席のサロンには、クラシックな趣のスタインウエイのグランドピアノが、そして、その前に譜面台が1台セットしてある。
自由席だったので迷わず最前列から2列目の真ん中の席に座ると、ちょうどそこはヴァイオリンの黒川侑氏から1メートルの距離。
ここは初めて来るホール。
残響は少なめ、サロンらしく眼前で演奏されるので、直接音がどう聞こえるのか楽しみだった。

お揃いの黒のシャツに黒のスラックス姿で現われた2人の体つきは若者らしく華奢で小柄だが、演奏が始まると一音一音を大切に音楽を紬だす。
ベートーヴェンはしっかりした構成が素晴しい古典に忠実な演奏だったが、この2人の真骨頂は現代音楽。
山中惇史の断続は、まるで即興演奏を聴いているかのようなスリリングな演奏で。ヴァイオリンの弓の毛が何度も切れるほどの熱演。
フォーレ、クライスラーの演奏は一転して甘いヴァイオリンの調べが美しく、思わずうっとり。

眼前で演奏される演奏に酔いしれる至福のひと時だった。

コメント ※編集/削除は管理者のみ

タイトルとURLをコピーしました