新規会員登録手順に不足があると承認できませんのでご注意ください①新規会員登録、②公式アカウントフォロー、③DMによる本人確認、④承認

布地で調音(その2)

日記・雑記
日記・雑記
Sponsored Link


ユニコーンのセッティングの一環で、珪藻土の壁の反射の影響を緩和する必要性を感じていました。

リビングオーディオなのでインテリアの調和を乱さない調音方法は無いのか?
そう考えていたら、このインテリアが目にとまりました。

拙宅では以前から季節に応じて布地を架け替えて楽しんでいました。

取り敢えずやってみようか!?と、お盆休みの間に布地屋さんにゴー!
取り敢えず調音効果を確かめるために少し厚めの布を探していました。

素材はリビングに合うように天然素材の綿か麻で。
そして見つけたのが特売品でお安かったタイの綿布でした。

ホームセンターで買った1メートルの竹竿を麻紐で吊し、布地を掛けてみました。

なかなかいい感じで調音効果がありますが、聴き込んでいくとやはりやや吸音過多な感じが気になります。
それに、このデザインもずっと見ていると圧迫感が気になりますね。

今回買い求めたのは日本の木綿絣生地です。
細手の番手の綿糸でしっかりとした生地で、織り幅は1.5メートルありカーテン生地に使うようです。

布地屋さんに相談したら指定の幅にカットしてくれるとのことで、90センチ幅を2枚買い求め、今回は、竹竿を吊るす紐も目立つ麻紐から白い綿糸に交換しました。

気になる調音効果は、壁むき出しに比べてニュースのアナウンサーの声質がハイ上がりになってしまうこともなく、かといって、やや吸音し過ぎ?ということもありません。

難点は、珪藻土の壁の色と近過ぎることと絣の織り地模様も離れて見ると無地にみえて、デザイン的にはまだまだ改良の余地があることです。

ともあれ、調音効果の方は満足いく結果でした。

この日記はブログでも

コメント ※編集/削除は管理者のみ

タイトルとURLをコピーしました