新規会員登録手順に不足があると承認できませんのでご注意ください①新規会員登録、②公式アカウントフォロー、③DMによる本人確認、④承認

真空管放浪記~英国編

日記・雑記
Sponsored Link

不安定な動作に、いまいちな音のPCオーディオ。
ここ暫く、PCオーディオに掛かりっきりでしたが、ようやく、落ち着いて来たので、やっと本業(?)の球転がしです。

オーディオをはじめた頃、真空管のプリアンプキットを作ったのですが、これが無帰還アンプ。
真空管の発振にかなり悩まされました。

12AX7だったと記憶していますが、米国製などに替えても直りません。
秋葉原のガード下で、薦められたのが、ムラードのCV4004です。
当時は、1000円台だったと思います。良い時代でした。
これが大正解で、発振がピタリと止まりました。

英国の軍用管は、凄いなあと、ずっと思っていました。

今のV70SEになって、一度、ムラードのCV4024を使ったのですが、しばらくすると、ノイズが出てしまい、あれれ、英国の軍用管でもこんなことがあるのかと、ちょっと残念な気持ちになったのを覚えています。

とはいっても、英国管には、何か特別な憧れと言う様なものがあり、
久しぶりに英国軍用管を試してみることにしました。

英国管といえば、やはりムラードが有名ですが、Brimarにしてみました。
Brimarは、工業用の13D9(=ECC81)を使ったことがあるのですが、モコモコした音で、良い印象が無かったのですが、まあ、ここは、一か八かです。

Brimarもいろいろな種類がある様ですが、CVナンバーのTマークを選択しました。
本当は、黄色のマークの「yellow t」と言われる物が欲しかったのですが、高価なので、白マークにしました。

最近に届いたのは、CV4024(ECC81)です。
[:image1:]
[:image2:]
早速、音出しです。
初段のECC83 は、TESLAのE83CCです。

一聴して、低域が充実し、重心が下がったのが分かります。
かと言って中高域の繊細さは、無くなっていません。
これは、聴いていて気持ちが良いです。

しばらくして、CV4004(ECC83)が届きました。
[:image3:]
[:image4:]
TESLAと差し替えです。

一段と重心が下がって来ましたが、いまいち繊細さが無くなってきたかも。
まあ、少しエージングをすればと、数時間鳴らし込むと、いい感じになって来ました。

おお、、これがブリティッシュサウンドか!
ギターのディストーションが堪らない!!

という事で、滅多に聞かないTIDALにあったビートルズ(CD持ってません)を聴いてます。
[:image5:]

コメント ※編集/削除は管理者のみ

タイトルとURLをコピーしました